三十路男の必死な若作り努力

これはリアルに比例するらしい。

 

知り合いも歯医者も言っていたし、刃牙にも書いてあったw

 

そうなると子供のころに歯の矯正をするってのは結構理にかなっているかもしれません。

男の場合は特に運動が出来ると自信になるからね。


運動神経が良いヤツがクラスでの立ち位置が上ってのは子供の常だ。
そう考えてみると運動神経良かったやつはたしかに歯並びが悪いヤツはいなかった気がする。

 

子供の時は歯並びなんてわざわざみないけど極度に悪かったらさすがに気がつくだろうからね。


そんな記憶がないってことはある程度良かったんだろう。
俺の場合はすきっ歯が気になってはいたけどその他の歯並びはまぁまぁだったから矯正はしなかった。

 

てか自分の意思なんて入らないので親が矯正させなかったってのが正しい事実だろう。
今思うとちょっとくらい矯正したかったって思うけどね。


大人になると自分の身体的コンプレックスは薄れるように思っていたけど、逆に濃くなるケースもある。

自分に対する美意識とかプライドが高い人がそんな感じ。
俺はまさに典型的なパターンで加齢による衰えを感じるのがまじ怖い。


男で三十路を前にしているのにスキンケアに必死だから。

誰も俺の細かいトコロなんて見てないんだろうけどね。てか男は仕事がんばれよって話。


デンタルケアも結構頑張ってる。わざわざ海外からリステリンNo6っていうフッ素入りのマウスウォッシュを取り寄せているくらい。
これで毎晩うがいしてから20分くらいブラッシングしてる。

 

おかげで歯医者にいっても「よく磨けていますね〜」って歯科衛生士さんに褒められるからね。


ちなみにその歯科衛生士さんが可愛いからそのちょっと遠いその歯医者にかよっているのは内緒だ。
運動は自転車とウォーキングしか今はやっていない。

 

あんまり運動しすぎても活性酸素ってのが増えすぎて老けるって話を聞いたからね。
たしかにマラソン選手はシワの多い人が多いような印象があるのでこれは完全な的外れってわかじゃないと思う。


でもアラサーにもなってくると基礎代謝は間違いなく落ちてくる。なので必然と太りやすく成るってわけ。

 

食事制限だけじゃストレスが溜まり過ぎるからある程度の運動は必要だけどね。だから自転車とウォーキングは最低限やってる。
特に自転車は身体にあまり負担をかけずに大きなカロリーを消費できるから効率的でいいね。

は〜、こうい書いているとなんで自分はこんなに若作りのための努力をしているのか疑問に思ってくるわw


誰かに見られているわけじゃないのに。まぁモテたいってのが根底にあるのは間違いないけどね。でもこの歳になると結婚の問題だよね、不特定多数の女性にモテても先がない気がするし。

 

人から若く見られて損することはないので、特に具体的な目標がなくても若作りの努力は続けていくよ。いつか来るチャンスをものにするために・・・。